【-】 スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.12.28 / | CM : 0 | TB : 0

△PAGE UP

HTML・CSS JavaScriptメモ(1):広告カラーリング

2008.3.24追記
以下のエントリは、JUGEMの広告の仕様が変わったため、使用できなくなりました。
JavaScriptエラーになってしまうため、「javascript:CM();」がテンプレート内にある場合は削除してください。

----------------------------------------------------------------

JavaScript関連のメモがようやくまとまったので、更新してゆくデス。
カテゴリが「HTML・CSSの話」になってるけど、気にしないw

いつか書こうと思っていた、広告の色変えのヤツ。
JUGEMのテンプレ配布する人向けですね。

■広告カラーリングJavascript
<headまたは外部JSファイル内>
function CM(){
top.jugem_ad.location.href = "http://imaging.jugem.jp/ad/ad_feedme.html?border=fffcf4&bg=fffcf4&title=535353&text=535353&url=666666";
}

<body>
<body onload="javascript:CM();" id="n{eid}">

◇仕組み
まず、JUGEMさんの広告部分について。
この広告部分はiframe部分に特定のアドレスを読み込んで表示させています。
広告の枠線、背景、タイトル、テキスト、URLの色は、↓の
http://imaging.jugem.jp/ad/ad_feedme.html?border=fffcf4&bg=fffcf4&title=535353&text=535353&url=666666

引数部分で変えているようです。

なので、ページ内にある、「jugem_ad」というフレームのアドレスの、引数部分に任意のカラーリングを指定して、広告のテキスト部分の色を強制的に変えているのです。

◇メリット
・テンプレを使う人が、テンプレに合わせて広告のカラー設定を変更する手間が省ける。
・テンプレートのサンプルを表示した時、広告部分に違和感が出ない。

◇デメリット
・広告を画像に設定していても、テキスト広告になってしまう。
・ページを読み込んでいる間は、JSで変更する前のカラーリングで広告が表示されて、ちょっとダサイ。

2007.06.28 / 01:14 | CM : 0 | TB : 0

△PAGE UP

【-】 スポンサーサイト

2010.12.28 / | CM : 0 | TB : 0

△PAGE UP

<< avionMAINJavaScriptメモ(2):折り畳みナビ >>

Comment

Trackback

トラックバックURL :